ウォーターサーバー長野県

ウォーターサーバーの製造について

ウォーターサーバーの業者では、もちろん水の製造もおこなっています。現在提供されているウォーターサーバーの水についてですが、天然水と呼ばれるものと、RO膜水というものを使っている業者があります。

天然水というのは文字通り、そのままの水のことを言います。と言っても、現在提供されている天然水でも、水をどこかから際水をして、そのままボトルに詰めていうことはありません。ろ過や加熱による殺菌、沈殿といった処理を行ったうえで、ボトリングをしています。最低限の処理はしていますが、それ以上の処理は行っていないので、そのままの味わいが残されているところが特徴です。ミネラルが含まれているものが多く、甘みをほのかに感じられるところが特徴といえます。

一方、RO膜水というのは、Reverse Osmosisという言葉の略称を表します。「逆浸透膜」という、超極小のフィルターを通じて、製造された水のことを言います。ですから、どのような小さな不純物であっても、通さないようにできています。ダイオキシンや大腸菌なども除去できるので、きれいな水を飲むことができるでしょう。またミネラル分については、あとから補うことが多いようです。

どちらがいいかについてですが、これは評価が分かれるところがあります。もし安全性ということにこだわりがあれば、RO膜水のほうが安全ということができます。また料理にこだわりがあって、天然水を使いたいという人は、天然水を使えばいいでしょう。