ウォーターサーバー長野県

ウォーターサーバーの待機電力について

福島第一原発の事故によって、原発というものを使うべきではないという論調が高まりを見せています。そこで現在では、日本の発電のほとんどが、火力発電になっているといわれています。火力発電にしたことによって、天然ガスのコストがかかるようになってしまっているといわれています。また、原発事故の賠償を、福島の人に行うことで、東京電力は、かなりの出費が予想されます。このため、今後、電気代はますます高くなるのではないかと懸念されています。

そこで問題になってくるのが、ウォーターサーバーの待機電力ではないでしょうか?ウォーターサーバーは、冷水と熱湯が瞬時に出るようなシステムになっているので、電気がどうしても必要になってしまいます。この待機電力が気になるという人も、多いかもしれません。現時点の電気代をベースにすると、ウォーターサーバーにかかる電気料金は、月で1000円程度といわれています。ですから、あまり電気を食う代物ではないということができます。

しかし節電の意識も、一般市民に広く浸透しています。ウォーターサーバーの待機電力消費がいやといって、ウォーターサーバーのコンセントを抜いてしまう人もいるといいます。しかしウォーターサーバーのコンセントを抜いてしまうと、中で雑菌が繁殖をしてしまうかもしれません。しかも故障の原因となる可能性があり、修理費用の負担をする羽目になってしまうこともあるので、待機電力をケチらないほうがいいでしょう。