ウォーターサーバー長野県

ウォーターサーバーで節電したい

ウォーターサーバーは、基本的にずっとスイッチを入れた状態にしておかないといけません。温水が出るシステムになっているので、電気の力が常に必要なのです。となると、電気代がどれくらいになるのかということが、気になってくることでしょう。現在のところ、各メーカーとも、月々1000円程度の電気料金がかかるといわれています。

これだけ見ると、けっこうなコストだと思われるかもしれません。しかしたとえば、お湯を作るためには、お湯を沸かすためにガスを使います。またお湯を温かい状態で維持するためには、電気ポットを使用なしないといけません。冷水を作るためにも、冷蔵庫が必要になってくるでしょう。これらの電気代やガス料金が節約できるので、それほど高いコストというわけではないのです。

しかしそれでも、できるだけウォーターサーバーの節電をしたいという人もいるでしょう。その場合、ウォーターサーバーの業者の中には、オプションで、省エネサーバーというものを提供しているところがあります。こちらを利用するようにすればいいでしょう。

省エネサーバーですが、メーカーによって多少の違いがありますが、最大で、消費電力を、半分にしてくれる効果があるといいます。オプションなので、別料金がかかってしまいますが、節電をしたいというのであれば、このようなウォーターサーバーのオプションサービスを利用してみることも検討してみるといいでしょう。少なくても、5%程度の節電効果が期待できます。